ハワイのビーチは「フリップフロップ」でオシャレに決めよう

ハワイ産のビーチサンダルの呼び方が違う ロコの間では「スリッパ」と「フリップフロップ」

フリップフロップ
Photo from islandslippers

日本ではビーサン、ビーチサンダルと一般的にいわれているこれらの商品はハワイではまず「スリッパ」または「フリップフロップ」と呼んでいます。バックストラップや高めのヒール、指を挟まないものは「サンダル」、と違いがあるようです。

定番から最新デザイナーの「スリッパ」はハワイの海でより際立ちをみせる

フリップフロップ
Photo from kazokuwedding

そんな定義はさておき、今回はハワイ産の長くから愛されている定番スリッパから、最新デザイナーのスリッパまで、是非ハワイで購入して欲しいブランドを並べてみました。

スコット・ハワイ(Scott Hawaii)

フリップフロップ
Photo from scotthawaii

1932年スコット夫妻がハワイで始めた靴屋さん。当初はミリタリーブーツの製造から始まって、のちに安価で頑丈なスリッパに転向。今でのローカルでは安くて長持ちするスリッパで定番の商品になっています。

 

アイランド・スリッパ(Island Slipper)

フリップフロップ
Photo from islandslipper

日本では一番有名なブランドかも知れません。1946年にモトナガ・タキゾウ氏が始めたスリッパ屋さん。ゾウリの形が元々のデザインの原型だそうです。確かに丸みを帯びた感じはゾウリに似ていますね。最新のデザインは画像から見られる様にポップでカワイイ作りになっています。

 

ヘイン+シグ・ゼイン(HAYN + Sig Zane)

フリップフロップ
Photo from pinterest

ハワイのテキスタイル・デザイナー、シグ・ゼーン氏のデザイン柄のスリッパ。以前、ルイ・ヴィトンとのコラボもしているゼーン氏の斬新かつ南国感あふれるデザインは簡単に手に入りません。ハワイ島のショップ、または通販での販売になっています。オアフ島では一部のセレクトショップにあるかも?

 

フリップフロップ・ワークショップ(Flip Flop Workshop)

フリップフロップ
Photo from flipflopworkshop

足元を楽しむ、をコンセプトにしているこちらのスリッパはストラップからデコまですべてカスタムメイド。自分だけのオリジナル・スリッパを作る事ができます。ハワイの思い出にはとても嬉しいお土産になりそうです。

引用:http://hawaiibiyori.com/archives2300/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA